観る・楽しむ > 古城 > 庭園 > ヴィランドリー城Château de Villandry

Château de Villandry

37510 VILLANDRY
Tél : 02 47 50 02 09
ロワール河流域で最後に建てられたルネサンス様式の城
もともとコロンビエという封建時代のお城がありましたが、フランソワ1世の大蔵大臣であったジャン・ル・ブルトン (Jean le Breton) が14世紀に補修されたドンジョンを残して、彼が着工中であった彼の城に統合させて1536年に完成させましたロワール渓谷のルネサンス式の最後の大きな城で、シャンボールやブロワの影響を見つけることができますが、手本となったのはむしろ、当時建設中だったフォンテーヌブローやエクーアンです。

幾何学模様の美しい庭園
装飾庭園、水の庭園、シンプル庭園、菜園、迷路に分かれているヴィランドリーの庭。装飾庭園には愛をモチーフにした庭園があり、『優しい愛』、『熱烈な愛』、『移り気な愛』、『悲劇的な愛』をイメージしています。たとえば、悲劇的愛の庭園は、愛のライバル同士の決闘に用いられた短刀と矛を表現しており、夏には決闘で流された血を象徴する赤いバラが咲いています。
全庭園のツゲは全長52km。除草は、ツゲの根が非常に虚弱なために100%手作業で行われ、毎年25万本の花や野菜の苗が庭園に移植されています。

イスラム天井
15世紀にトレドで建てられたマクダ公爵の宮殿から来ている。この宮殿の四隅には四つのサロンがあり、それぞれが金や多色の木を使った格天井でできた丸屋根を持っていた。1905年に宮殿は取り壊されたが、そのうち三つの天井はそれぞれルーブル美術館とサンフランシスコ、マドリードの美術館に保存され、残る一つはヴィランドリーに移された

レストラン
ヴィランドリー城にはレストランや喫茶店などがあり、気持ちの良いテラス席もあります。メニューは地元で取れた素材を使ったサラダや季節のメニュー、ロワール地域のワインなどが楽しめます。

[入館料金]
*A=庭のみ(約1h30) *B=城+庭(約2h30)
個人:A=6€ / B=9€ グループ(15人以上):4€/  B=6,5€
8歳以下の子供:無料
18歳以下の子供、学生:3,5€/  B=5€ 、
[開館日時]
庭:年中無休(ガイドは無し) ヴィランドリー城:
1月1日~2月8日、11月17日~12月31日 09h00-17h00 1月1日~6日、12月20日~31日 09h30 - 16h30
2月9日~2月29日、10月26日~11月16日 09h00 - 17h30 2月9日~2月29日、10月26日~11月16日 09h00 - 17h00
3月1日~29日 09h00 - 18h00 3月1日~29日 09h00 - 17h30
3月30日~6月30日、9月1日~10月30日 09h00 - 19h00 3月30日~6月30日、9月1日~10月25日 09h00 - 18h00
7月1日~8月31日 09h00 - 19h30 7月1日~8月31日 09h00 - 18h30
10月1日~28日 09h00 - 18h30    
[アクセス]

車 : パリから約240km、toursから約15Km。
高速道路 A10 (出口 24 Joué-lès-Tours)、A85 Saumur方面(出口 8 Villandry)。

電車: パリ-トゥール-(サン・ピエー・デ・コー)TGVで約1時間

バス:7月、8月はTOURSから毎日

[館内設備]
駐車場 エレベーター 障害者用通路 レストラン
ミュージアムショップ 子供用スペース   図書館・資料室   展示会場  
[ガイド・サービス]
館内ガイド ガイドカセット ガイドDVD 日本語パンフ  
図書館・資料室              
[クレジットカード]
VISA MASTERCARD American Express      
[スタッフが話す言語]
フランス語 英語 日本語   スペイン語  
イタリア語   ドイツ語          
[その他]

2月~11月まで様々な展示会やイベントがあります。

サイト内検索
Web フランス・アクセ