トレトゥールは大きく分けて2つに分かれます。お惣菜店の仕事とレセプションに携わるケータリングです。 それらの共通の仕事は、出来合いの料理をお客様に用意し、お持ち帰りやレセプションに提供します。 お惣菜を扱うお店は温かい料理と冷たい料理を準備し販売します。料理器具や冷蔵庫、冷凍庫を使います。

ケータリングとしてのトレトゥール職人は2日続けて同じ事はしません。料理、レセプションの実施、配達、購買の実行などです。 仕事の多様性や美食学の愛情は生き生きとした魅力のある仕事を作り上げます。そして、週末やお祭りの前の日には通常に比べて仕事量がぐんと増えます。つまり、トレトゥールは味覚と視覚の喜びのために、美食家であり料理の準備をこなすのが好きでなくてはなりません。

研修内容

トレトゥール研修の期間中、トレトゥール研修生はCFAと現場とで交互に勉強し、60種類以上のフランスの伝統的な料理や、 前菜、デザートを習得します。フランスにおけるトレトゥールの仕事をこの研修中に全て行います。

講義内容

主な料理
・職業上の計算 ・レシピと製法 ・製作手順 ・様々な野菜やサラダの準備、ジャガイモやズッキーニのグラタン、オニオンタルト、
サラダ盛り (ニース風、フロマージュ、鶏肉)...など

 ・肉、豚肉製品
>鶏肉(サラダ用、ソース用、オーブン料理用)豚肉、牛肉、子牛、子羊肉...など
>ジビエ
>伝統的な豚肉製品(ハム、パテ、ソーセージ)

・ダチョウ又は鴨のフォアグラ(冷製、調理されたもの)

・魚や海の幸
サラダ、テリーヌ、皿料理

・ソースや付け合せ
様々なソース(バターソース、アメリカンソース...)

盛り皿や飾り
・様々な飾り野菜の盛り付け
・ビュッフェ
・カクテルパーティビュッフェ、クレープ、海の幸や肉の串焼き
・料理のサービスと盛り付け
・カクテルパーティ用 : パイ生地を使ったアペリティフとその盛り付け
・カナッペ、パン シュープリーズ、冷たいアントルメなどの台石盛り付け
・冷たいビュッフェ、パスティヤージュ
・ワインの選択
サイト内検索
Web フランス・アクセ