今フランスではソルド(バーゲンセール)の真っ只中。

solde2017.jpg

先週の水曜日から始まり、水曜日を区切りに
一週間ごとに割引率が上がっていくシステムです。

私は、特に欲しいというものがなかったので、
今日お目当てのお店に行ってみました。

ここ数年インターネットショッピングばっかりしているのですが、
近くのお店の方が割引率が高く安い!

ちょっと質が良さそうなタオルが40%割引だったので
2枚持ってレジへ。

でもレジのマダムが提示した値段は明らかに定価。

「あの、この商品は40%引きですよね?ほら、そのタグがついていますし・・?」
と言うと

「いいえ、ちゃんと割引しましたよ! ・・・あら、一枚しか通ってなかったわね。」

と堂々と返答されてちょっとびっくり。

値段からすると、明らかに一枚も割引されてませんが・・・苦笑

私はこういうこともあろうかと、予めこれぐらいの料金になるだろうと
頭に入れてレジへ行ったのですぐに気付きましたが、
多くの商品を持って、料金が明確に頭に入っていないと、

それだけ堂々と「割引しました!」と言われると押し切られてしまう
お客さんも多いのでは?とふと思いました。

特に日本人の人なんか、なんかおかしいな?と思っても
そのまま押し切られてしまうことが多いかも。

ソルド期間中でなくてもレジの間違いが多いフランスですが、
ソルドの時期は人も多くレジの人もカリカリしているので
要注意です!

↓↓記事を楽しく読んで頂けましたら、
クリックの応援をして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

br_decobanner_20100216020405.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。