[et_pb_section fb_built=”1″ admin_label=”section” _builder_version=”3.22″][et_pb_row admin_label=”row” _builder_version=”3.25″ background_size=”initial” background_position=”top_left” background_repeat=”repeat”][et_pb_column type=”4_4″ _builder_version=”3.25″ custom_padding=”|||” custom_padding__hover=”|||”][et_pb_text admin_label=”Text” _builder_version=”3.27.4″ background_size=”initial” background_position=”top_left” background_repeat=”repeat”]

フランス・アクセが拠点としているのはフランスの中心に位置するCentre県、Tours市。
日本人旅行者の方にはよく知られる、「ロワール渓谷の古城巡り」の中心にある街と言えばわかりやすいでしょうか。

世界遺産にも登録されているロワール渓谷は、何百とも言われる古城が乱立する地域で、中世時代、ルネサンス時代、帝政時代、近代に至るまでの様々な時代のお城や文化遺跡、庭園が残っているとても美しく、観光名所が多い地域です。

トゥレーヌ地方はその穏やかで調和が取れた土地柄から、歴代のフランス王を魅了し、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ピエール・ロンサール、フランソワ・ラブレ、ルネ・デカルト、オノレ・ド・バルザック、ジョージ・サンド、アルフレッド・ド・ヴィニー・・・といった、数多くのフランスを代表する作家、詩人、哲学者達が生まれ育ち、住んだ場所。そういった経緯を引き継ぎ、今でもフランスのみならず、ヨーロッパを代表するような文化遺産、食文化、学術研究機関が集まっている地域でもあるのです。

そんな地域を中心にフランスの観光地や街などを紹介していきたいと思います。

ロワールの古城

[/et_pb_text][et_pb_blog _builder_version=”4.4.5″ include_categories=”55″ hover_enabled=”0″ use_manual_excerpt=”off” excerpt_length=”50″ fullwidth=”off” posts_number=”8″ show_author=”off” show_categories=”off” show_more=”on”][/et_pb_blog][/et_pb_column][/et_pb_row][/et_pb_section]