7月14日のフランス革命記念日にニースでトラックが花火客に突っ込み、
多くの死傷者が出たことは日本でも大きく報じられたと思います。
このニュースを知った時、大変驚いたのは当然ですが、同時に大きな違和感も
あったのは事実です。
fc2blog_20160719232549fb3.jpg
(写真は lemonde.fr より。)

事件直後からメディアはおろか、オランド大統領さえも犯人の正体や事実確認が
できてない段階でそうそうにL’État islamique(イスラム過激派組織)のテロである(ようだ)
と決めつけてかかっている点。

オランド大統領がニースの事件を受けて声明を発表
nice-elysee.jpg

本当にそうかもしれないけれども、そうでないかもしれない・・・。
何も証拠が無いのに決めつけてかかるのは非常に危険なことです。
しかもそれを、一国の大統領が軽々しくしてしまうとは。

こういった手法は洗脳の手法と同じです。

その後の調査でも犯人はうつ気味でふさぎこんでおり、軽犯罪歴はあるものの、過激派組織の一員としての
認識はされておらず、L’État islamiqueも事件から36時間も経ってから
犯行声明を発表。

そして昨日のドイツの列車での事件でも・・・。(今回の犯行声明は早かったですが、
先週遅かったですからね?)

これらの犯行声明も便乗声明のような気がしてなりません。

もう一つの見方として、例えば、ですが
この事件は単なる(という言い方にしては規模が大きいですが)精神的に病んだ
個人が発作的に起こしたこと、もしくは直前に表沙汰になったオランド大統領の
スキャンダルを隠すために国家秘密組織が仕組んだもの・・・と考えることも
可能ではないでしょうか?
(それはそれで問題なので、そちらの方が良かったという意味でもないですし、
そうだ、と決めつけるものでもありません。例えば、です。)

その危険性を証明する現象として、日本では報道はされてないのでは?と思うのですが、
ニースの事件があった場所の近くのレストランに助けを求めた
女性たちが門前払いを食らい、怒った女性たちはSNSで
この「このレストランは非道だ!この事実を拡散して懲らしめて!」と
レストランを中傷して、その記事はまたたく間に拡散しました。

その後、レストランは非難中傷、および脅迫まで受けてしまいましたが
事実として分かったのは、そのレストランは既にレストラン内のお客や
避難者を200人以上も受け入れており、ポリスからも安全の為
それ以上の受け入れをやめて門を閉めて待機するように、と指示されていたのです。

近年、ますますSNSで一般市民が気軽に情報を共有しやすくなり
便利&情報がたやすく手に入るようになりましたが、
同時に大きな危険性もはらんでいます。

災害情報でも同じことが言えるかと思いますが、いつ何時、どんな危険に遭うか
わからない時代だからこそ、情報は常に集めておく、そして
常にあらゆる可能性を並行に考えながら冷静に対応していく。
そういったことがとても大事なのではないかと、最近考えさせられたのでした。

↓↓記事を楽しく読んで頂けましたら、
クリックの応援をして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

br_decobanner_20100216020405.gif

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code