今朝はポジティブな日記を書いたばかりですが、
そのすぐ後にネガティブな日記を書く羽目になろうとは・・。

フランスは良くも悪くも不可能が可能になる国ですが、
今回前代未聞のシチューションに私が立たされて
いたことが発覚。

フランスで会社設立して、もうそろそろ1年。
実はセキュリテ・ソシアルのカードをもらっておらず、
(=健康保険証がない、保証されてなかったということです)

役所に問い合わせても、たらい回しにされた挙句
理由がわからず。

今日その理由がわかったのですが、なんと!
商工会議所に登録されていた私(会社)のナンバーと国に登録されていたナンバーが違っていたんです。
明らかに役所のミスでした。(丿>ロ<)丿 ┤∵:.
しかも、私の身分がそれぞれ違う。

つまり・・・、自由業者の身分の私が存在し、
商工業者の身分の私が2重に存在していたと。

で、この1年社会負担金とか2倍払っていた上に、
社会保障されておらず、事務所探しも難航して
事務所契約も高い負担金、家賃で契約させられていたようで。
道理で、苦しい経済状況だったわけだ・・・。゜(T^T)゜。

依頼している会計士も、そんな基本的なこと
に気づかず、ちゃんと仕事もしてないくせに
毎月高い額を自動引き落とししてるし!!!!!!

商工会議所も会計士も「こんな状況はあり得ない」と
自分たちのミスを棚にあげて言ってましたが。

不可能を可能にする国、フランス。
人を強くする国、フランス。

素晴らしい国です。 ( ̄  ̄メ)

Ben,bon,bon,bon,
Je ne suis pas fachée,non non non pas de tout…
la France tu vas me le payer bientôt…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code