フランスの9月は別れの季節のよう。
夜の街では最近耳を澄ますと、
下記のような怒鳴り声がよく聞かれます。

“Pourqoui tu me quitte…Ne me quitte pas!!”
“Je t’aime!!”
“・・・Salope!!!!!!!”

これ、全部同じ男性の会話の流れです。

–日本語に訳すとこんな感じでしょうか。
「どうして別れるなんて・・・、僕を捨てないでくれ!」
「愛してるんだ!」
「・・・このバカ女ああああ!!!!!」

“Je t’aime!!”まではいいとしましょう。でもSalope!と言っちゃダメですね。彼女は確実に去っていきます。笑

カウンセリングの勉強の中で、「ゲーム理論」というものを勉強したのですが、他人とのコミュニケーションを分析するしてみると、他人との関係がうまくいかなくなるのは、常に明らかな理由があるものです。

「いつも恋人と(親と、友達と・・)同じような喧嘩を繰り返してしまう。他人とのコミュニケーションが上手くいかない」
という悩みを持たれる方は、まずは自分がいつもどんな台詞の
展開をしているのか分析してみると、その理由がよくわかります。

最も良いのはその議論が始まるとすぐに録音してみるといいですね。
こうやっていくことで、他人とのコミュニケーションを改善する糸口が見えてきます。

そういうことを繰り返していると、自分達の会話の矛盾点がわかってくるというものです。

ところで、最近3ヶ月ほど事務所に来てくれていたスタージュの子もパリに行っちゃったし、私個人的にもある大きな別れの
準備をしていますが・・・。

やっぱり秋はそういう季節なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。