パリのCharlie Hebdo社が銃撃されたのは昨日、7日の昼前ですが、
夜には「犯人が特定され、指名手配された」との事で
あまりにも早過ぎてなんだか違和感を感じていたのですが、

今朝のニュースで知ったのは、なんと
襲撃に使われた車の中に「身分証明書」が残されていた・・とのこと。

B60MK8OIQAAaUWc.jpg
(※画像は Jolly Joy ‏@jollyjoylavraie さんのツイートから拝借)

そうか、それで特定が早かったの・・・
ん、なんか、それ出来すぎてません?

また新聞社が襲撃された日が
イスラム教の聖戦を風刺する漫画が掲載されていたということなどから、
私たちは完全に「イスラム過激派」が犯人だという前提で話をしていますが
よく考えてみると、犯人達は完全に覆面だったわけです。
全然関係の無い人が犯人でもおかしくなくないですか?

そう考えて行くと、例えばこの事件をきっかけに
フランス国民の心が今まさに1つになっている連帯感があるわけですが、

益々のフランス大統領の支持率の著しい低下、
失業率の悪化、
それなのに税金は上がる一方。

フランス国民の不満はかなり高まっていました。

そこに、ショッキングな事件、すぐにオランド大統領は「テロ活動」と断定、
オバマ大統領も「イスラム過激派からのテロ」という前提で
フランス支持を表明。

フランス人は
Liberté(自由)

Solidarité(連帯、団結)

という言葉に敏感で
すぐに一致団結。

そして、次に予想されるのは・・・

なんか、ストーリーができすぎていると感じるのは、
私だけでしょうか。

今回気をつけないといけないのは、フランス人達が一致団結しているのは、
決して「反イスラム」ではありません。

あくまで

表現の自由を(暴力から)守る

です。

この国民の一致団結した力が政治家にとって
好都合に利用されないか、少し心配です。
(個人的な意見です。)

真相はどうであれ、1つ1つの出来事に

先入観だけで物事を捉えず、

様々な角度で検証していく事は大事ではないでしょうか。

↓↓記事を楽しく読んで頂けましたら、
クリックの応援をして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

br_decobanner_20100216020405.gif

4件のコメント

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    マザーさん

    コメント有り難うございます。
    > 銃撃された新聞社って
    > 前は「Hara-Kiri (腹切り)」っていう新聞を
    > 発行していたそうですね。
    > なんで腹切り?

    恐らくですが、フランスでHara-Kiri は自殺行為として
    使用されていますので、自虐的な意味を込めてではないかと
    思います。

    > 思うのですが、風刺はいいけど
    > 自分が気に入らない相手を堂々と馬鹿にして
    > 「言論の自由です」って言うのは
    > ちょっとおかしいと思うんですよ。

    確かにその点も議論していくべきだと、私も思います。
    ただ今回の事件でエブド社の記事をいくつか読んだのですが
    決してジャーナスト達は風刺をする相手が嫌いだから
    風刺していたわけではない、という事。
    あくまで問題提起だったわけです。
    ちなみに彼らが風刺していたのはイスラムだけではなく、
    あらゆる文化や国籍でした。

     > 今回の件も、風刺が「過ぎていた」のではないかと
    > 思ったりして・・・
    > だからと言って、当然テロは許されないのですが。

    そういう検証はどんどんされるべきだと思います。
    ただ1つ言えることは、「暴力で解決するべきではない」
    ただ、それだけだと思います。

  2. SECRET: 0
    PASS: e7a0db65609de2aa6e89b038c1e111ef
    銃撃された新聞社って
    前は「Hara-Kiri (腹切り)」っていう新聞を
    発行していたそうですね。
    なんで腹切り?
    当時は日本を風刺してたのかしら?
    思うのですが、風刺はいいけど
    自分が気に入らない相手を堂々と馬鹿にして
    「言論の自由です」って言うのは
    ちょっとおかしいと思うんですよ。
    先日、ソニーピクチャーズが北朝鮮の指導者を
    馬鹿にした映画を公開して
    北朝鮮からハッキングされてましたね。
    ハッキングは許されないものの、
    実在の存命中の人物を、あのように
    馬鹿にした映画って、いくら相手が北朝鮮でも
    「ちょっと違うんじゃないの?」って思います。
    日本だって天皇陛下や安倍総理が
    外国映画で馬鹿にされたら嫌ですよね。
    (中国や韓国でそういう映画やドラマを作ってますが本当に嫌な気分です。)
    北朝鮮の人も同じような気持ちを持つのは
    当然ではないかと。
    今回の件も、風刺が「過ぎていた」のではないかと
    思ったりして・・・
    だからと言って、当然テロは許されないのですが。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメント&いつもご覧になって頂いているとのこと、有り難うございます!
    やっぱり、ちょっと話が出来すぎてますよね?
    特に犯人達がしっかりと軍事訓練をされていた、ような
    プロであれば、身分証明書を残すなんて冗談にしても
    人をバカにしています。

    なんだか近年益々つまらなくなってきたアメリカ映画みたい。
    (グラフィックの技術は凄いと思うので、時々観に行きますが、
    「これぐらいヒントを与えてあげないと観客はばかだからわかんないよねー」と
    でも言いたそうなカメラアングルや既にあるコンセプトをひっつけはっつしたような
    シナリオ・・・。)

    とにかく、今回何もかもが出来すぎていて、ついつい
    国民をたやすくコントロールしようとしているのではと見てしまいます。
    案の定、日常生活に疲れていたフランス人達が生き生きとしていませんか?

    早くこういった異常事態が収まってほしいものです。

  4. SECRET: 0
    PASS: 1f32aa4c9a1d2ea010adcf2348166a04
    初めまして。
    いつも拝見しております。

    今回の件、私もなんだか出来過ぎているなーと感じていました。
    予め用意されたストーリー通り、フランス国民は一致団結し、表現の自由を叫ぶ。
    そんな感覚を持っていました。
    なんだか、裏に何か隠されているような…。

    そして「先入観だけで物事を捉えず」という言葉、
    とっても心に響きました。
    難しい事ですが、本当に大切なことですよね。

    今度はこの犯人が人質を取って立てこもっているとか…
    これだけの人の命を奪っておいてなお、
    多くの人を危険にさらしている彼ら、
    早く捕まって欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。