幼い頃から不思議な夢をよく見る。
たまにハリウッド映画にも太刀打ちできそう負けないような
壮大な夢を見るのでそれらの夢の断片をつなぎ合わせれば、いくつかのシナリオが書けるのじゃないかと思っている。笑

3日前と昨日見たのは、今までに見たことがないようなもので
とても印象深かった。

一つ目はナチスのような軍隊にグループで捕まって、
谷底へ落とされる為に自分達で前へ進まないといけない状態。
谷底に落とされた後、更に火で焼かれるらしい。

「あーそれは痛いだろうなあ。どうしよう・・。汗」と思っていたら、谷底に落ちる直前にある司令官に助けれる。
なぜかと言えば、以前私が子供達の世話をしているのを見て
「いい人だと思ったから」という理由らしい。
でも、その後助けられなかった人たちからは嫉妬の目で見られる。

二つ目の夢。
高校時代の友人達がいて、どこかの物置の中に閉じ込められている
一人の少女を救わないといけないという。
なんとかして引っ張り出すが、その子は水浸し。

私はタオルで拭いてあげようとするが、他の人達は
その子の服を探して着せてあげないといけないという。

周囲の友人達と共に服を探す。
そうこうしながら、私は他にも何かにブロックされている
人たちを見つけ出す。

実は最初の女の子も見つけた他の人たちも、友人達も
実はもう亡くなっている人たちで現世でブロックされていた
人達らしく、最後には私を除いて全ての人が安らかな顔になって
空に昇っていく・・・。

★夢判断の世界では「死」のイメージは現在の状況の新しい展開、「子供」のイメージは新しい可能性などを意味するようというように認識していますが、さてさて何か良いことあるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。