ワクチン摂取

フランスでは現在急速にワクチン摂取が進められており、現在のワクチン摂取率は
20.65%(4月23日現在)。

そんな中、少し冷やっとするニュースが。

Marne: 140 personnes se font injecter du sérum physiologique au lieu d’une dose de vaccin Pfizer

シャンパン製造会社で有名なモエ・エ・シャンドン社があり、シャンパンの買い付けや製造過程の見学などのため世界中から訪問客がやってくる町、Épernay(エぺルネー)のワクチンセンターで140人もの人たちがファイザー社のワクチンの替わりに生理食塩水を投与されたと言うことなのです。

人的エラーである事はわかっているものの、具体的にどのような経緯でそのエラーに至ったのかまでは
現在調査中とのことですが、間違って投与されたのが人体に害の無い生理食塩水だったのは
不幸中の幸いといったとことでしょうか。

ただでさえ、ワクチンの副作用の報告もある中せめてこういう人的エラーが起こらないことを
願うばかりです。

 

↓↓記事を楽しく読んで頂けましたら、

クリックの応援をして頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

code